検査について

大腸カメラ


快適な雰囲気でリラックスした検査を受けていただくために
                                                                            ~女医による大腸カメラ~

medical5.jpg

大腸カメラは、大腸の検査の中では、カメラを通して直接腸の内部を見ることができる、精度の高い検査です。しかし、肛門からカメラを挿入するため、特に女性にとっては抵抗感のある検査であり、また下剤を飲んだりするなどの下準備も必要です。

当院では、下剤を飲んでいただくお部屋に個室をご用意し、ゆったりと検査の準備をしていただけるようにしております。また、検査中の苦痛をなるべく軽減するために、内視鏡は高性能の柔らかく細めの内視鏡を導入、また、炭酸ガス送気装置を使用し、腸内のガスをすばやく吸収し、検査後のおなかの張りなどが起きにくいよう工夫をしております。ご希望に応じ、安定剤を使用し、軽く眠った状態で、より楽に検査を行うこともできます。

また、検査は必ず院長(女性医師)が行い、女性看護師・技師が検査のサポートをします。より和やかにリラックスして検査が行えるよう配慮しています。


検査の流れ

flow2.gif
  • 検査前
    クリニックに御来院いただき、検査の説明をさせて頂きます。
    その際、検査前日にご自宅で飲んで頂く下剤をお渡しします。
  • 検査前日
    食事は夜8時までにお召し上がりください。指定の検査食か繊維質の少ない食物のみです。
    下剤を説明通りに服用してください。
  • 検査当日
    朝食はとらずに、午前9時までに御来院ください。
    前処置室(個室)で下剤を飲んで頂き、腸の中をきれいにします。
  • 検査直前
    痛み止めの注射をします。ご希望に応じ眠気のくる安定剤を注射します。
  • 検査スタート
    おしりよりカメラを挿入し、大腸や直腸を観察します。
    個人差がありますが、検査時間はおおよそ30分です。
  • 検査終了後
    しばらくお休み頂いた後、医師が結果の説明をいたします。
◆ご注意◆

安定剤の注射を使った場合は、1~2時間ほど、院内でお休みいただきます。検査の後は眠気が残るため、できるだけお車での御来院はご遠慮ください。

お問い合わせ

検査についてご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください

tel.gif